クレジットカードを使い始めて

結婚して、クレジットカードを持つようになってから、家計の管理が楽になりました。利用明細を家計簿代わりにすると、家計簿をつける手間が減り、さらに現金を下ろしたり使ったりという手間も省けるので、銀行に行ってお金を下ろす回数も減りました。クレジットカード=無駄遣いをしてしまいがちというイメージもありますが、私には便利なイメージの方が強く、実際に数か月使ってみて、家計簿代わりとして使用金額を把握しているので、使い過ぎるということもありません。それどころか、今では私が目指す、スマートな生活に欠かせない存在となっています。

ちょっと足りないときのクレジットカード頼み

家はお小遣いが少ないので、毎月のお金の使い方には気をつけていますが、正直それだけでは足りないことも多々ありました。そのため隠れてクレジットカードを作り、そして少しですが、お金を借りることもありました。その代わり借りた次の月はお小遣いを使わずに返済に回しての繰り返しをしているのですが、使いたいときにパッと使って、そして我慢するときは我慢して返済していました。クレジットカードを使うとき、ちゃんと次の月に返済できるかを計算しながら遣り繰りしているので、クレジットカードを使うのなら計画性が大事だなと思います。